消費税増税はいつから 開始時期

消費税率の引き上げ予定時期はいつなのでしょうか?

 

平成26年度(2014年)4月に8%にあがりました。

 

さらに平成27年度(2015年)10月に10%に引き上がる予定でしたが、一年半延長され、平成29年(2017年)4月に10%に延びることが決定しました。

 

さらに延長決定です。今度は二年半です。本当だったらすでに10%になっているはずなのですが延長しました。

 

ついに2019年10月1日より消費税が10%上がる事で確定しました。

 

スポンサーリンク

 

2018年10月15日のニュース

 

安倍晋三首相は15日の臨時閣議で、消費税率を平成31年10月に8%から10%へ引き上げる予定を改めて示すとともに「あらゆる施策を総動員し、全力で対応する」と述べ、景気を左右する個人消費の落ち込みを最小限に抑えるための対策を急ぐよう指示した。

 

11月中にも大枠を取りまとめる。増収分で、幼児教育や保育の無償化など「全世代型」の社会保障への転換を図るための財源を確保する。

 

 景気対策に必要な経費は、12月に決める与党税制改正大綱や31年度予算案に盛り込む。中小の小売店で現金を使わずクレジットカードなどキャッシュレス決済をした消費者を対象に、期間限定で購入額の2%分を国が補助し、ポイントを付与する。自動車関連の税制優遇や住宅購入者に対する給付金拡充も検討する。

 

 増税と同時に導入する酒類と外食を除く飲食料品などを対象とした軽減税率についても、小売店のレジ改修費など円滑な実施に向け支援策を準備する。

 

24日召集予定の臨時国会に提出する。
引用&抜粋 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181015-00000598-san-pol

 

 

消費税増税による家計の負担は

 

夫婦のどちらかが働く子ども2人の標準世帯で、年収が500万〜550万円の場合

 

消費税率が8%になった段階で年7万2948円
10%だと11万9369円も現在より負担が増える試算
第一生命経済研究所の試算

 

消費税の低所得者や家計への措置

 

 

スポンサーリンク