臨時福祉給付金 2018

臨時福祉給付金とは消費税税率の引き上げに伴い低所得者への負担の影響を考慮し、臨時的な措置として自治体から給付されるものです。

 

住民税の課税がされない非課税者が対象となりますが、課税されている人に扶養されていたり、生活保護を支給されている人は対象外となります。

 

金額は平成26年は1年間分として1万円が給付されました。平成27年度は平成27年は1年間分として6,000円が給付されました。
2016年は3000円給付され、2017年は15000円が臨時福祉給付金がもらましたが2018年はどうなるのでしょうか?

 

2018年度の臨時福祉給付金はありません。臨時福祉給付金の支給は平成30年3月までに全て終了いたしました。

 

年金をもらっていて低取得者の方は年金生活者支援給付金というものが2019年より始まります。

 

以下は去年の情報です。

2017年の対象者・金額

生活保護受給者以外の住民税非課税の人を対象に、1人当たり1回に限り15000円

 

詳しくはこちらのページでまとめました。
低所得者給付金

 

最新情報はこちらの国のHPで確認して下さい。

厚生労働省 給付金HP

 

スポンサーリンク