児童手当の支給月・支給日 2018年度

子ども手当て 支給日

2019年度(平成30年度)の児童手当の支給月と支給日についてのニュースをまとめました。
子ども手当てという名前から児童手当に名称が変わっていますが支給月は以前と一緒です。

 

児童手当の支給月

児童手当は一ヶ月づつ振り込まれるのではなく、年に3回、2月・6月・10月に4ヶ月づつまとめて支給されます。

 

  • 6月(2月〜5月分)
  • 10月(6月〜9月分)
  • 2月(10月〜1月分)

 

児童手当の支給日

自治体によって支給される振込み日は異なりますのでお住まいの自治体(市役所など)に確認してくださいね。

 

通常は10日や15日に指定の銀行口座へ振り込まれる場合が多いようです。

 

例えば土日に振り込まれている日があたる自治体にお住まいの人の場合、自治体によって前日の金に振り込まれるところと、月に振り込まれるところがあります。

 

児童手当は年に一回6月に現況届けを出さないと支給してもらえなくなりますので(支給が一時ストップ)、気をつけましょう。

 

>>児童手当 現況届け

 

スポンサーリンク

 

児童手当の支給日 公務員の場合

公務員の場合は児童手当を支給する各行政機関には条例や規則で支給日が定められています。

 

なので国家公務員の方・地方公務員の方・自衛官・警察官・消防士の方などは所属先に聞いておきましょう。給料と一緒に振り込まれるところが多いようですね。

 

詳しくはコチラを見てください。

>>児童手当て 公務員の手続き・現況届

 

児童手当支給額

お子さんの年齢や出生順に応じて受け取れる児童手当の金額が以下のとおり変わりました。

支給対象年齢 支給額(月)
0歳〜3歳未満 15000円
3歳〜小学校修了前

10,000円(第1子・第2子)
15,000円(第3子以降)

中学生 10,000円
所得制限世帯(モデル世帯 960万円以上) 5000円

 


スポンサーリンク