東京都 私立高校授業料無償化 2018

東京都 私立高校授業料無償化 

東京都の小池都知事がすごい政策を発表しました。

 

都内の私立高校生で年収760万円未満の世帯を対象に授業料を補助し、実質授業料が無料となっています。

 

この東京都の授業料無償化制度は整式には「私立高等学校等授業料軽減助成金」といいます。東京都私学財団が行っています。

 

ここでは東京都の私立高校授業料無償化の対象者・支給金額・支給条件・申請方法についてまとめています。

 

スポンサーリンク

 

対象者

東京都在住の私立高校生が対象です。

 

これは東京都内に住所さえあれば、他の県の私立高校へ通う場合でも対象とのこと。
逆に埼玉や神奈川や千葉など東京都以外に住所があって東京とへ通う場合は対象とならないようですね。

 

支給金額

東京都 私立高校授業料無償化 支給金額

年間授業料の平均額にあたる44万9000円を上限に国と合わせて補助。

 

国の高校授業料無償化(高等学校等就学支援金)でもらえる金額と合わせてもらえます。

 

基準となる年収

世帯年収760万円未満の生徒約5万1000人を対象
(夫婦と子供2人のモデル世帯の場合)

 

世帯年収とはざっくりいえば夫婦二人あわせた分ですね。

 

給付型奨学金も創設

さらに都は17年度から世帯年収350万円未満の都立高生約3万5000人を対象とする給付型奨学金も創設する。

 

勉強合宿や英検の受検費など学校での任意の学びについて年間最高5万円を補助してくれます。

 

詳しくは東京都HP

 

東京都 私立高校授業料無償化 申請方法

各学校や東京都へお問い合わせください。

 

【全日制・定時制】年間スケジュール(平成30年度)

6月中旬 「申請用紙」配布開始
6月下旬〜7月下旬 申請受付期間
12月下旬 交付・不交付決定の通知
12月下旬 軽減額の振込

 

まとめ

世帯年収760万円未満の東京に住んで私立高校に通う生徒に対して、年間授業料の平均額にあたる44万9000円を上限に国と合わせて補助。

 

私立高校の授業料について、都はこれまでも年収に応じて助成してきたが、上限まで助成されるのは生活保護世帯だけでした。これについて小池知事は、さらなる支援拡充として、このような制度を決めたようですね。

 

詳しくは東京都私学財団のHPで確認下さい。


スポンサーリンク