妊婦加算が算定 【平成30年4月1日より】 負担金額・内容は?

妊婦加算

妊婦加算が平成30年4月1日より算定されています。

 

妊婦加算の内容とはどうなっているのでしょうか?

 

妊婦であることをどうやって確認してどのくらいお金が加算されるのか気になりますよね。

妊婦加算について

妊婦が病院など医療機関の外来を受診した際の負担が平成30年4月1日から増えています。
妊婦加算という仕組みで、病名や診療科にかかわらず、通常の基本診療料(初診料と再診料または外来診療料)にお金が上乗せされます。

 

保険請求妊婦加算(初診時75点、再診時38点)が新設。

 

どのくらいの金額が増えるのか?

自己負担3割の場合、初診で約230円、再診で約110円増えます

 

さらに深夜・休日・時間外も増額となります。

 

参考:ヨミドクター

 

他にも詳しい質問で分かりやすいHPがあったので引用して紹介します。

 

スポンサーリンク

 

保険請求妊婦加算の新設についてのQ&A

 

Q.妊婦であることはどのように確認すればよいのか。

A.妊婦加算は、医師が診察の上、妊婦であると判断した場合に算定可能であり、必ずしも妊娠反応検査の実施や母子健康手帳の確認は必要ではない。
(平成30年3月30日厚労省事務連絡)

 

Q.どの診療科でも算定できるのか。
A.算定できる。

 

Q.診察時には妊婦であるかが不明であったが、後日妊娠していることが判明した場合、 遡って妊婦加算を算定することは可能か。
A.診察の際に、医師が妊婦であると判断しなかった場合には、算定不可。
(平成30年3月30日厚労省事務連絡)

 

Q.妊娠に直接関連しない傷病(感冒等)について診察を行った場合にも算定できるか。
A.算定できる。

 

Q.当日の診察で妊娠が確認された場合であっても算定できるか。
A.算定できる。

 

Q.妊婦加算は、次の点数と併せて算定できるか。
(1)夜間・早朝等加算
(2)産科・産婦人科特例加算
A.
(1)併せて算定できる。
(2)併せて算定できない。

 

引用:京都府保険医協会

 

妊婦加算まとめ

妊婦加算

 

  • 自己負担3割の場合、初診で約230円、再診で約110円増えます。
  • 妊娠を検査などして調べるわけでなく、問診表などで医師が妊娠中だと判断した場合に加算されます。
  • 後で妊娠が分かった場合、さかのぼってお金を払う必要はありません。

 

女性が受診すると、問診票で、「妊娠していますか」「妊娠の可能性は」とほぼ必ず確認されますよね。

 

なんとなく嫌な質問だと思っていましたが、やはり薬などのことを考えると、妊婦なら赤ちゃんへの安全性を考え、どんな検査をしたらいいか、どんな薬を処方するかを慎重に判断する必要があるので大切なことなんですよね。

 

そう考えると、通常は優遇されるべき妊婦でお金を多く払わないといけないのは納得できない人もいるでしょうが、診察や検査、薬の飲み合わせに慎重になる分、お金が加算されるというのはある程度は理解できるのではないでしょうか?

 

妊婦さんは他の面ではしっかり優遇されており、いろいろ助成金をもらえますのでそちらを利用しましょう。

 

妊娠・出産関連でもらえる助成金

有名なところでは以下のような助成金や補助金がもらえます。
どれも申請しないともらえないので気をつけましょう。

 

  • 出産手当金
  • 出産育児一時金
  • 育児休業給付金
  • 妊婦健康診断受診票
  • 児童手当
  • 乳幼児の医療費助成

スポンサーリンク