スポンサードリンク

臨時福祉給付金 2016

臨時福祉給付金とは消費税税率の引き上げに伴い低所得者への負担の影響を考慮し、臨時的な措置として自治体から給付されるものです。

 

住民税の課税がされない非課税者が対象となりますが、課税されている人に扶養されていたり、生活保護を支給されている人は対象外となります。

 

金額は平成26年は1年間分として1万円が給付されました。平成27年度は平成27年は1年間分として6,000円が給付されました。2016年はどうなるのでしょうか?

 

2016年は3000円給付することに決定しました!

 

政府は12月21日、平成26年4月の消費税率8%への引き上げに合わせて導入した、低所得者向けの負担軽減策「簡素な給付措置」について、扱いが未定だった28年10月〜29年3月末までの半年間の措置を決めた。

 

 生活保護受給者以外の住民税非課税の人を対象に、1人当たり1回に限り3千円を配る。必要な財源は660億円で、28年度予算案に全額国費として措置する。

 

 政府は、消費税増税があった26年度に簡素な給付措置として1人当たり1万円(児童扶養手当の受給者などは1万5千円)を支給した。27年度は、27年10月〜28年9月末までの1年分として6千円(同6千円)だ。

 

引用 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151221-00000582-san-pol

 

対象者・金額

生活保護受給者以外の住民税非課税の人を対象に、1人当たり1回に限り3千円

 

期間は2016年10月〜2017年3月末分

 

2015年や2016年の申請時期は各市町村によって異なるのでこちらの国のHPで確認して下さい。

厚生労働省 給付金HP

スポンサードリンク

臨時福祉給付金 2016関連ページ

消費税増税はいつから・開始時期
消費税増税はいつからスタートするのか、開始時期、消費税の税率のまとめはここ。
高齢者向け給付金 3万円給付金 2016 いつ・対象者・金額
高齢者向け給付金の内容。3万円給付金が配られることが決定です。いつからか、対象者、3万円の給付金がもらえる条件・申請方法についてまとめました。
若年低所得層に「商品券」を配布?!
若年低所得層に「商品券」が配られる案がでています。対象者・いくらもらえるのか(金額)・いつからなのか(時期)についてまとめました。
低所得者給付金 2017年
低所得者給付金、2017年(平成29年度)について。低所得者とは、申請時期、支給金額15000円、申請方法ついてまとめました。