子供の保険・生命保険・医療保険の加入・見直し

子どもの保険 学資保険

児童手当ての使い道がきまってないなら保険の見直しや子どもの学資保険等に使うのはいかがでしょうか。

 

児童手当をもらうには赤ちゃんが産まれたら必ず申請しないともらえません。

 

と、同時に新しい家族が産まれたら、家計の見直しや、保険について見直したり新しい保険に加入する必要があるかどうか、見極めるいい機会になりますよね。

 

実は私も子供が生まれる前から、(産まれたらばたばたするので)保険の見直しや新しく加入する生命保険の相談をして、保険にはいりなおしたり、子供が生まれてからはそれまでに相談していた学資保険にはいったりしました。

 

産まれてからはバタバタしてそんなことまで考えれないと、保険の担当の方がいってくれたのですがその通りでした。

 

私が入った保険

  • 夫と私の生命保険
  • 夫婦の医療保険・がん保険
  • 子供の医療保険
  • 子供の学資保険

 

これだけの保険に入ったり見直したりしました。
児童手当をもらった分をこうった保険に回すのも使い道の一つとしてはすごくいい方法だと思いますよ。

 

また今は児童手当が終わった後高校授業料無償化などもあり、いろいろ政府からの保障もあつくなっています。その分、保険という安心に穏やかに暮らしていけるものに目をむけてみてはいかがでしょうか。

 

 

出産・子供に関係する保険

子供保険

ここでは、出産や育児をする上で私が入った保険についてまとめています。みなさんの参考になれば嬉しいです。

 

医療保険

私は子供が0歳の時から医療保険にはいっています。
死亡保障にはいる親御さんは少ない(そんなことを望む親はいないから)ですがこの医療保険に入る親御さんは多いです。
というのも保険というのは年齢が高くなればなるほど掛け金がたかくなるのですが、早いうちなら月々わずかで済むからです。

 

お子さんへのプレゼントとしていかがですか?と私はいわれて、安心のために医療保険にはいりました。

 

学資保険

学資保険は毎月確実にためる自信がなかった私とってはとてもいい保険でした。
ここでは保険よりもちゃんと掛け金が帰ってくるものを私は選びました。
自分でなかなかためるのは難しいけれど毎月の引き落としにしとけば自然にたまっているので安心です。

 

個人賠償責任保険

また子供が保育園にいった時に、個人賠償責任保険にも入りました。子供が悪気なくとも、自転車でぶつかったり、何か物を壊したり、他人にケガをさせてしまったりしたとき、日常生活での賠償責任を補償するのが個人賠償責任保険です。

 

保険はどんどん新しいものが出てきますので、入ってない人は加入を。また入っている人は見直しをするいい機会になると思います。

 

児童手当は有効につかっていきたいですねo(*^▽^*)o

 

保険の加入・見直しなら一括ででき、比較してくれるところがオススメです。

 

次の三つを紹介しますね。どれも人気なのでお住まいが近かったり興味のあるものをどうぞ。

 

保険見直しランキング

 

 

保険見直し本舗

保険見直し本舗の特徴

保険見直し本舗は現在40社以上の保険会社と提携。生命保険や医療保険、学資保険など、豊富な保険商品の中から比較・検討ができ、ファイナンシャルプランナーに相談できるのが魅力!

価格 相談無料円
評価 評価4.5
備考 全国に直営226店舗(2016年10月時点)
保険見直し本舗の総評

すべてが直営店舗で安心!契約実績80万件突破でみんなに指示されている保険の見直し会社です。

 

 

 

ライフル

ライフルの特徴

全国の保険ショップの紹介と無料相談の予約を受け付けており、保険の窓口相談では、複数の保険会社の中から最適な保険プランを教えてくれます。

マネモで紹介している保険窓口は、全店舗複数の保険会社を取り扱っているので、複数の保険商品の中から自分に最適な保障プランを提案してくれるという利点があります。

価格 相談無料円
評価 評価4
備考 提携1000店舗以上
ライフルの総評

全国約1000の店舗から30秒でネット予約できるのが魅力!

 

 

 

保険のFPの特徴

ほけんのFPは、保険見直しを検討されているお客様にプロのFPをご紹介するサービス。

価格 相談無料円
評価 評価3.5
備考
保険のFPの総評

ファイナンシャルプランナー(FP)に相談したい方。