子ども・子育て支援新制度

認定こども園

2015年4月に本格スタート予定の子ども・子育て支援新制度についての情報をこちらでまとめています。

 

子ども・子育て支援新制度は、子育て中の家庭すべてを支援する制度です。

 

0歳〜5歳までのお子さんを持つ家族にかかわってくる制度です。一番大きな変更点が幼稚園と保育園が一緒になる幼保一体化の「認定こども園」の普及です。

 

この認定こども園は今までもあったのですが、数が少なく普及していませんでした。

 

今後は幼稚園、保育園といったくくりではなく幼稚園と保育園が一体化(もしくは併設)した認定こども園を普及させていくようですので0歳から5歳までのお子さんをお持ちのご家庭ではしっかり情報を知っておく必要があります。

 

スポンサーリンク

 

子ども・子育て支援新制度とは

 

「子ども・子育て支援新制度」とは、平成24年8月に成立した「子ども・子育て支援法」、「認定こども園法の一部改正」、「子ども・子育て支援法及び認定こども園法の一部改正法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律」の子ども・子育て関連3法に基づく制度のことをいいます。

 

詳しくは国の内閣府のHPへどうぞ。

 

 

子ども・子育て支援新制度でやること

この来年4月からスタートする新制度では教育・保育のどちらを希望するかや子どもの年齢によって保護者が3つの認定に区分されます。
1号・2号・3号とあります。

 

各施設(幼稚園・保育園・認定子ども園・地域型保育)の利用を希望する場合は市町村に認定の申請をする必要があります。

 

今までも保育園など10月に申し込みをしていたと思うのですが、今年度も10月から申し込み受付がはじまっているので、とりあえず、自治体(市役所など)に10月中に早めに確認しましょう!


スポンサーリンク