スポンサーリンク

児童扶養手当 2017年

児童扶養手当 増額

児童扶養手当とはどんな制度でしょうか。

 

収入などの条件を満たした1人親家庭に対して支給される手当の事を「児童扶養手当」と言います。

 

児童扶養手当は、児童扶養手当法に基づいて児童の福祉の増進を図る事を目的として地方自治体から支給されます。

 

支給対象者は、離婚や死別などによって1人で子供を育てなくてはいけない母子家庭または父子家庭が支給対象になります。1人で子供を育てなくてはいけないという事は精神的にも経済的にも不安になってしまいますが、このような支給制度があると1人親は助かりますね。

 

勘違いしやすいのは児童手当と児童扶養手当は異なる制度です。

 

条件さえクリアしていれば両方の制度から支給を受けれるという事も覚えておきましょう。また児童手当は中学卒業までですが、児童扶養手当は18歳に達する日以後の最初の3月31日まで支給される点でも違いがあります。

 

ここでは児童扶養手当の支給条件、申請方法、支給日時、支給金額などについてまとめていますので参考にして下さい。

 

児童扶養手当に関するコンテンツ

 


スポンサーリンク

児童扶養手当 2017年記事一覧

児童扶養手当に関するいいニュースがはいってきましたのでまとめたいと思います。児童扶養手当は一人親のための支援制度です。児童手当と児童扶養手当は異なる制度です。ただ、条件さえクリアしていれば両方の制度から支給を受けれるという事も覚えておきましょう!そんな児童扶養手当の金額が増額されるというのです。2016年5月2日のニュース所得の低い一人親の家庭に対して第2子以降の児童扶養手当を増やす改正児童扶養手...

児童扶養手当の申請には認定請求書の提出が必要となります。認定請求書には、住民票や戸籍謄本などの添付しなければなりませんが、市町村や支給要件によって添付書類が異なりますので市町村役場の窓口でお尋ねください。また2016年1月よりマイナンバー制度の導入に伴い、児童扶養手当の手続に個人番号(マイナンバー)の記入が必要となります。認定請求書を提出後、手当ての受給資格があるかは、都道府県または市が審査をしま...

1人で子育てをしている家庭にとっては助かる制度の児童扶養手当ですが、どんな方が支給対象者になるのでしょうか。東京都福祉保険局を参考にしました(2015年12月17日時点の記事ですので必ずご自身で当てはまるか当てはまらないかの確認はして下さい)支給対象次のいずれかに該当する18歳に達する日以降の最初の3月31日までにある児童(一定以上の障害の状態にある場合は20歳未満)を監護している母又は監護しかつ...

児童扶養手当は指定された金融機関の口座に一年に3回振り込まれます。振込みの通知はありませんので各々で確認する必要があります。児童扶養手当の支給日は4月(12,1,2,3月分)、8月(4,5,6,7月分)、12月(8,9,10,11月分)の11日が一般的ですが児童手当と同じく地方自治体によって若干のズレがある事もあります。児童扶養手当の支給日4月(12月〜3月分)8月(4月から7月分)12月(8月〜...

児童扶養手当の受給資格者にとって一番気になるのはやはり金額ですね。支給金額は一律というわけではなく、子供の人数や所得によって変わってきます。2016年 児童扶養手当 支給金額子供が1人の場合は全額支給で4月分より値上がりして42,330円です。2人目は5000円、3人目以降は3000円ずつ加算されます。つまり全額支給で子供が3人いる場合は42330円+5000円+3000円の計50330円となるわ...

児童扶養手当の申請が認められ支給が始まると、年に1回現況届けを提出しなければなりません。現況届けとは簡単に言うと一年ごとの更新届けのようなものです。毎年申請する必要のない代わりに現況届けを提出します。毎年、前年の所得状況と8月1日現在の子供の生活状況を確認するための書類を提出する事によって、その年の8月から翌年の7月までの一年間の支給が決定します。子供が18歳になるまで、この現況届によって一年ずつ...

1人親なら誰もが申請する事のできる児童扶養手当ですが、所得制限によって全額支給だったり一部支給、所得が多ければ支給されない事もあります。手当の額は、請求者又は配偶者及び扶養義務者(同居している請求者の父母兄弟姉妹など)の前年の所得(1月から6月の間に、請求書を提出される場合は、前々年の所得)によって、全部支給、一部支給、全部停止(支給なし)が決まります。毎年、8月1日から翌年の7月31日までを支給...