児童扶養手当 支給金額 2017

児童扶養手当 金額

児童扶養手当の受給資格者にとって一番気になるのはやはり金額ですね。支給金額は一律というわけではなく、子供の人数や所得によって変わってきます。

 

児童扶養手当の支給額と2人目、3人目と合わせた場合の金額もこちらでまとめていますので参考にして下さい。

 

スポンサーリンク

 

2017年 児童扶養手当 支給金額

子供が1人の場合は全額支給で42,290円です。
2人目は5000円、3人目以降は3000円ずつ加算されます。

 

つまり全額支給で子供が3人いる場合は42330円+5000円+3000円の計50290円となるわけです。

 

親の所得によって一部支給になる事もありますが、一部支給の金額は月額42,290円から9,990円(所得に応じて10円刻み)になります。

 

2人目以降の支給額が倍増

2016年度の児童扶養手当は8月分から2人目以降分の支給額が倍増になります。

 

つまり2人目分を5000円から10000円、3人目以降を3000円から6000円にするという事です。

 

2017年は物価スライド制で引き下げへ

2017年(平成29年)4月から、2人目以降の加算額についても物価スライド制が適用されています。

 

加算額は1人目と同様に、昨年度より0.1%引き下げられて、2人目9,990円(最大)、3人目5,990円(最大)となります。

 

ただ、所得制限があるのでお住まいの市区町村でご確認ください。

 

児童扶養手当シュミレーションでおおよその金額がわかります。


スポンサーリンク

児童扶養手当 支給金額 2017関連ページ

児童扶養手当 申請方法
児童扶養手当の申請方法についてまとめました。
児童扶養手当 支給対象者
児童扶養手当の支給対象者とは、どういった人になるのでしょうか。支給条件についてまとめました。
児童扶養手当 支給日
児童扶養手当の支給日について。児童扶養手当が振り込まれる月日はいつでしょうか。
児童扶養手当 現況届
児童扶養手当の現況届けとは。現況届けの書き方などをまとめました。年に一回現況届けを出しましょう!
児童扶養手当 所得制限
児童扶養手当の所得制限について。所得額の計算方法や、児童扶養手当の計算方法についてまとめました。
児童扶養手当 増額へ
児童扶養手当が増額になるというニュースについて。本当なのか、開始期時期、支給金額など児童手当の増額に関する内容についてまとめました。