大学授業料無償化は2020年から開始!対象者の所得制限は?

大学授業料無償化 いつから
大学授業料無償化が2020年度より開始することが決定しました。

対象者は国立大学の授業料が免除になるだけでなく、給付金として生活費もだしてもらえるとか?!

そんな夢の制度ですが、対象者には所得制限があります。いくらなのかここではまとめています。

大学無償化の対象者 支給額

  • 住民税非課税世帯には授業料と入学金の全額を免除
  • 年収300万円未満の世帯には住民税非課税世帯の支援額の3分の2を支給
  • 年収380万円未満の世帯には3分の1をそれぞれ支給

このように年収380万円未満の世帯では(四人家族のモデル世帯の場合)なんらかの大学無償化の恩恵にあずかれます。
住民税非課税世帯では、さらに娯楽費などを除く生活費についても、返済不要の給付型奨学金が支給されます。

いたれりつくせりですね。

これは国立大学の場合ですが、私立大学でも増額されて年間約70万円程度の授業料が無償化されそうです。
私立大学でも返済不要の給付型奨学金が支給される予定です。

まだ話し合い段階ですが、大学にいきたくてもお金の事情でいけなかった低所得者の世帯にとってはとても助かる制度ではないでしょうか。

ただ、資産がある人は対象外となったり、支給されることが決定した後も成績が悪ければ援助打ち切りとなるようです。

今後また決まり次第情報アップします。

    
スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ