スポンサードリンク

児童手当 2014年【平成26年度】 まとめ

児童手当 2014年

ここでは平成26年度(2014年)の児童手当(旧子ども手当て)に関しての情報をまとめています。

 

 

子ども手当はすでに児童手当に変わり、申請しないとお金をもらえなくなりました。毎年6月に現況届がお住まいの自治体から送られてくるので忘れないように提出しましょう!

 

(子ども手当てがいつまでやっているのか気になる方や調べてこられる方が多いのですが、子ども手当てはすでに民主党政権が終了と共に終わっており、2012年4月よりかわりに児童手当が支給されています)

 

今後の児童手当 支給予定月・支給日

 

2014年2月・6月・10月

 

それぞれ4か月分が振り込まれます。

 

支給日は各自治体によって違います。私の住んでいる市は10日です。
大体10日が多いようです。

 

児童手当の支給金額

 

児童手当の額は、受給者ごとに0歳以上18歳に到達してから最初の年度末までの間にある児童の数に応じて決定されます。
19歳以降は児童の数として数えられません。

 

実際に児童手当がもらえる児童手当の対象者は児童手当の対象となるのは、日本国内に住む0歳以上から中学卒業まで(15歳に到達してから最初の年度末(3月31日)まで)となります。

 

児童手当支給額

お子さんの年齢や出生順に応じて受け取れる手当の金額が以下のとおり変わりました。

支給対象年齢 支給額(月)
0歳〜3歳未満 15000円
3歳〜小学校修了前

10,000円(第1子・第2子)
15,000円(第3子以降)

中学生 10,000円
所得制限世帯(960万円以上)
詳しくは別
5000円

 

申請をだしてもらえる児童手当はしっかりもらいましょうo(*^▽^*)o

 


スポンサードリンク